網膜剥離の症状チェック

網膜剥離は誰でもできる目の病気です。20歳代と50歳代の人に多いといわれています。治療せずに放置すると、失明する危険があります。網膜剥離の前駆症状として飛蚊症や光視症を自覚することがありますが、無症状のこともあります。代表的な症状を挙げます。

飛蚊症
飛蚊症は網膜剥離の前駆症状です。明るい背景で読書したり、青空や白い壁などを見たときに、視野のなかに何か浮遊物の影が移動するような症状は飛蚊症です。飛蚊症の原因は網膜剥離だけでなく、近視や加齢の原因もあります。ですから、眼底検査を受けて、原因を確認することは大切です。

光視症
眼球運動に付随して、視野の周辺に一瞬あるいは数秒間光が走るという症状です。光視症は網膜剥離の症状の一つです。硝子体の収縮により網膜が刺激を受けて起こるものです。光視症は、飛蚊症と同様、「網膜剥離」などでも起こりますが、加齢による「後部硝子体剥離」を発症することもあります。

視野欠損
文字が読みにくく、老眼が進んだと感じたり、目が疲れる、疲れやすくなったり、両眼統合できなかったり、目の不自由度(不便度)が強くなったりする症状を視野欠損と言います。網膜裂孔の位置や大きさなどで、視野欠損や視力低下の程度や進行は異なります。

もし、以上のような症状があれば、網膜剥離の可能性が高いです。早期発見は網膜剥離の治療にとって大事なことです。最も大切な検査は眼底検査です。網膜剥離自体は、眼底検査で容易に診断できます。網膜剥離の検査では、原因となった網膜裂孔をさがし出すことがとくに重要です。