(已用)網膜剥離病因の紹介と病因によっての分類

病因

網膜剥離の原因は多いです、穴源性網膜剥離は中年あるいは高齢者によくみられます、子の中近視の人は多数に占めて、両眼は前後して発病することができます。誘因は網膜周辺の格子状と袋形が変性しました、ガラス体液化変性と網膜粘着、これらの誘因はまた年齢、遺伝、外傷などの要素とに関係があります。 引張性網膜剥離は増殖性糖尿病網膜病理変化、外傷、ガラス体長期的に血が重ね、網膜静脈周囲炎症また眼を何度も手術したあと、長期的に網膜剥離、凝縮などの後。滲み出す網膜剥離は眼内網膜脈絡膜腫瘤、たとえば網膜血管腫、網膜母細胞腫瘍、脈絡膜黒色素腫瘍と転移した癌。炎症たとえばブドウ膜炎、VKH、脈絡膜炎、鞏膜炎。色素上皮病変たとえば大疱性網膜病変、ブドウ膜は症候群。網膜血管病von-Hippel病とcoats病など。全身性疾患と妊娠高血圧、高血圧網膜病変と血液病などの病気によく見られます。

分類

網膜剥離は病因から原発性網膜剥離と継発性網膜剥離と分けています

1.原発性網膜剥離

原発性網膜剥離は穴源性網膜剥離とも言われます、ガラス体腔内液体は網膜の裂孔から網膜下に進入して、神経上皮と色素上皮の分離を引き起こします。この種類の患者はよくある要素例えば高度近視、高齢に寄っての網膜変性、萎縮、薄くなるあるいはガラス体液化、脱退、濃縮と網膜粘着などです。

2.継発性網膜剥離

継発性網膜剥離の原因は分かりやすいです、これは眼部ほかの疾病あるいはある全身性疾から引き起こして、たとえば滲みだす網膜炎、妊娠高血圧網膜病理変化などは、大量な滲んだ液体が網膜下に重ねて、網膜剥離を引き起こします。眼外傷あるいは網膜静脈周囲炎ガラス体出血後、機化が増えたガラス体条の牽引で、網膜を引き落とします。それから少しの脈絡膜腫瘤あるいは網膜下寄生虫は網膜を頂き起きて、網膜剥離を形成します。 全身性疾患は糖尿病ガラス体網膜病変は、ガラス体が網膜を牽引した網膜剥離です。