行方不明の猫

母猫の叫び声安玲、産が多かった子猫.生で安奇の次は意外.安玲で妊娠する時、その性情が変わっている.私はずっとそれを甘やかすて、それもしだし破壊する.家の蚊帳はめちゃくちゃに掴まて、もう思うさまないように、相変わらず乱れている.できない、それの爪を切った.それがまたビルの屋上からスキップが低い塀の際、爪は、一時掴めない労、ビルの屋上から落ちてしまった.階下に走っていると、ぼんやりしゃがむ蹲て転んだところを.半みいして、痛みをこらえていたようです.私はすぐさま大事になった.やっぱり、夜には食べられないまでも.最初はとても静かで、夜が更けてずっと慌張の方々走り回って策動する、私にうるさくつきまとうことを承知しません私退いてください.お母さんはそれは流産していると言って、すぐにダンボール箱を探して、中には暖かい服がある.安玲すぐに隠れて、しかし私は退いてください.、それはまたすぐ飛び出し巻き足元に、甲高い叫び.私はただ静かに付き添うことしかできなくて、箱の辺にしゃがむます.やがて、箱を開けてみると.日よ!もう四匹の猫が出てきて、惜しいというのは惜しいということはない.ふと見ると安玲ずっとちゃんの死体を嗅ぎながら、見る人の目を舐め、悲しい.

よくあさ、安玲横たわって箱の中には.生存の仔猫がないと確認して、小死体は全部片付けて埋めました.帰って箱を開けてみると.おや!また一つ、生きているのだ!家族はうれしいが、この子の子には欠陥があると発見されています.それは二匹の前足は曲がった、ホッケーように伸ばしてない.這い、頭の上には布、後ろ足、後ろ足で漕ぐ.生きてるかどうかは、その造化を見なければならない.

何日乳、小僧は安奇に大きくなって、金色の毛の色も豹柄と***のお母さんのように.ことだと思うのは安玲それはあまり好きじゃないみたいで、いつもそれをさせたくない.それをつかむには乖乖の喂になっている.少し注意してからといって、らしかっとしても見えない.小さいやつは1毎日衰弱して、今にも餓死するようにしています.その後私は子供の粉ミルクで食べ、衝乳注は筒の中で、詰め安奇の口の中で、ほんの少しのそれにえさをやる.ついに、死神の手を逃れた.でも、母性愛の不自由な猫になりました.何度安玲はそれを隠して.それは叨跳びベッド、人を置いて寝るの背後に、寝返りを打つ時それが希望を押し殺し.何度も安玲の毒手目的を達せられなかった、安奇もついに強く生きてきた学を歩いた時.ちょうどモヤシの1足の小さい前足がひざまずいていることを始めて、総研ぐは血の直流、すべてかわいがります.2人の小手袋を作って、少し痛みを減らすことができます.毎日毎日が過ぎて、一歩一歩、一つ一つの血の跡、终天それをマスターして歩く.しかも当初の子猫はすでに成長大きい猫も、前足が生えた厚い繭.安奇の表情はいつもとても固めて、1種の重厚な表現.それが高い傾向もないが、生きよ.さらにカンガルーのようで有力な尾と後ろ足を形成する三角形、優しく顔体.そして立っていると、2前手が胸に置いて、かわいい.テレビを見ている時、探しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です