忠誠の網膜剥離価値

年10世紀80年代初頭、20世紀余りの社員を持つ日本十大紡績会社の一つの鍾繊維会社の社長伊藤さんは、小さい頃から武藤社長に手を抜擢された.鍾紡会社は多くの企業があって、その中に1家分会社はとても理想にならないで、毎年赤字.武藤社長は、生産停止にし、社員たちも一緒に退職するつもりだ.このニュースを知るには、社員たちが仕事をし始めた,社長の態度も非常に無礼になったということです.そのとき、伊藤さんは一人でずっと静かなオフィスで日夜働き、整理や処理会社に仕事をし,網膜剥離、以前よりもずっとやる気、もっと負責任を負っています.伊藤という忠誠無私なのは人との気骨武藤さんを感動させるならこの若者に重視する.私は鍾さんは鍾会社に着いて彼の秘書になって、しかも彼に非常に重視している.彼の表現が非常に際立っているため、3年後には彼を常務取締役にさせた.1年後、武藤は日本の有名なこの大会社に伊藤さんに渡して管理されました.自分のサービスの会社が倒産している時、あなたが殘して底力を発揮する最高のチャンスと、自叙伝さんは自伝中,若い有為の伊藤社長は自分のサービス会社が倒産した時、最も力を発揮してきたと回想している.その損失を閉鎖する機会がないなら、私は一生すべて小さい職員ですか?"

人生は悟ります:1人は最も他人の未練に値する、他人の忠誠を尽くす.あなたは何もないかも知れないけど、あなたは忠実で、これはあなたがこの世界で最大の貢献になることができます.忠誠は1種の美徳で、更に1種の境界の境界にある.忠誠を銘記、人を銘記、世界を愛に満ち溢れている
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です