親網膜剥離父

王じいさん老,無用の人、一日中ひきこもり、待ち望んで息子が帰って来ることができると話したら世間話、孫が彼に付き添って次のチェス、食べられるのに嫁の手作り料理.お金や生活は街の補助、ゆとりのために、袋を破れてがらくたに出かけていった.

一度路上に孫、王じいさんは嬉しくて、急いで叫ぶ孫のニックネーム、孫は彼をちらっと見たさっと駆け出して逃げる.あの眼老人は一晩眠って、心が痛い.

第二天王は早く起き、数十裏道の息子の単位を歩いて、大門の外に足をかけながら、息子にぺこぺこと指導をして何かを話している.彼は口を開けて、ゆっくりと一緒になって、おや!ほら、見てた.わざわざ息子に見ながら、自分のこの身ホームレス花子の服装,もし息子単位の人が彼を知っているというお父さんがなくし麺.

王じいさんが向きを変えて行く長嘆して、突然聞いて息子を叫んだ声のお父さん、王じいさんは大声で返事して、明らかにちょっと音程声.彼は希望に満ちていた足、息子はお茶を持って、指導者の手には、お父さん!あなたは私のお父さん、あなたは知りません、私は実父の早く死んで、私は多くてしっかりと親孝行家の家になることができることを望みます!ああ!今私の望みはついに実現することができます.息子は激昂として、袖で涙を拭いた.いい人だ、あなたは親孝行な人だと知っている人は知っていると肩の肩は肩をかけた !数日私はあなたの副主任をあなたにあげる.」王は、息子の目の両目を見る、顔には我慢できない笑みを浮かべている.彼はしゅっ笑った、彼は死んでこそ役に立つ.あの日王は千鳥足と歩いて帰って、火をつけても料理もできず、静かにベッドに横になって、息子が彼に感謝したいと思っています.

p>を見守る天使の本文<オリジナル、ネット転載さ来「一品故事網』を表記作者、紙媒体掲載され、本人の同意を経なければならない!連糸QQ763205332

,網膜剥離、により多くのを複製する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です