永信網膜剥離社福基金会善賞受賞伝

また、2025年に高齢化社会に入り、2025年5人に1人が老人の超高齢社会になる見込みだという.台灣の人口学会の理事長を務めた政大社会係陈信木教授ツイ評価,網膜剥離、2035年台灣出産適齢の女性はよんしよ割に子なし、ご無孫になって、このデータによると1人の戸建てがだんだん多くなり、台灣は1人の社会へ.長くなって、すでに台灣の肩の肩先の重任になります.

永信社会福祉基金会執行長赵明明表示では、社会構造の変化、台灣社会は核家族や共働き家庭を中心に加え、少子化と出産率マイナス成長などの要因、未来を目上の選択機構を世話になって、子女の必要を考える.いっしょに歩いてきて、永信社福基金老人安養と長写真に累積多くの経験と心得.

赵明明感性道:永信はずっと喜んで分かち合いの企業、例えば永信GMP製薬工場落成する時も開放を他の製薬工場を見学して、抱き『産業チェーンの共同向上』の善念、藏私しない;公益もそう,永信松柏園もよく他の機関を見学して、交流学習,仲間と一緒に進歩、長い写真提供する最高のサービス.と

一心に経営また、第一回伝善賞を肯定永信社福基金会、今年ご月運用伝善賞のボーナスが行われました介護の意識改革セミナー、招待学専門の日本人三好本堂医師の経験を交流して、甚だしきに至っては本人の病気、延期の手術をした時間は、明らかにこれフィールドセミナー彼の心の中の重要性;参加来賓の非常に彼の心を払うと感佩.

はセミナー、基金会も今年から開催に自立生活支援ワークショップ、招待日本の豊かな実務経験の講師が台灣で授業の目的の第一線に従業員を学ぶことができ、最も正しい一番新しい介護専門知識.

長写真は台灣の社会が直面している重大な議題については、緊急頼りにする人には得意分野があるの世話を通して人力、みんなのお支払いと産学連携永信希望を育てて、台灣社会に必要な長照人的、安定社会の重要な柱.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です