三種類の網膜剥離人はリョクトウのスープを飲みます

夏、暑さのため、我が国の民間にはリョクトウスープの習俗がある.しかし栄養の専門家は注意して、リョクトウのスープは良いが、3種類の人は飲みません.天津中医薬大学第一附属病院栄養科主任の李艳玲によると、リョクトウの性は涼しくて、味の甘、は解熱解毒煩わして、渇きをいやして胃を除いて,暑気払いの効果、熱中症予防、治療食中毒など.暑さに対して腫れ、熱喉が渇いて、熱赤痢、炭疽、天然痘の毒、かぶれなども一定の治療効果.栄養の専門家は、緑豆のスープは持って暑気を払って益の息、潤して渇きをいやし効果、三類が合わない飲料.一つは寒い体質の人に属して、手足がだるい、足腰はそんなに寒くて痛い、下痢が稀など、食べ緑豆かえって病状を強めて、甚だしきに至っては他の病気を引き起こす.二種類は老人,網膜剥離、子供、体質が虚弱の人.緑豆の中に蛋白質含有量は鶏肉より多く、大きい分子の蛋白質は酵素の作用のもとで小さい分子ペプチドに転化することができて、アミノ酸は才能が人体に吸収されます.この人の胃腸消化機能は較差、短い時間内消化して緑豆蛋白質を落としにくい、消化不良による下痢になりやすい.3種類は各種の薬物を服用している人です.解毒作用を持って、緑豆、そのため、患者に薬を服用中でも漢方薬は西洋医学が含まれていれば、有機リン、カルシウム、カリウムなどの成分、緑豆とこれらの成分が瀋殿物に結合して、それによって分解薬効に影響を与える、治療.さて、夏、リョクトウのスープをよく食べるのか.李艳玲指摘し、リョクトウの熱の力で皮、解毒の功を含む.だから、もしただ暑気を払って、スープを作って時はいたずらばかりリョクトウ、強火で沸騰させ、じゅう分ぐらいで、注意して久しく煮.このように熬スープ、色は緑,比較的に澄みきっている.飲む時も、豆を一緒に食べる必要もなく、とても良い殘暑効果に達しています.解熱解毒のために、豆を煮て爛.このようなリョクトウのスープの色は色が濁って、殘暑の効果は悪くて、しかし解熱解毒作用は更に強いです.また、弱い人はリョクトウのスープを飲むことはありませんが、別の食べ方を選択し、リョクトウを食べることです.やり方は米をやアワや緑豆同時に下鍋加水煮込みおかゆをため、米やアワは好みから滋養補給作用.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です