運動時は涼しいもの網膜剥離を手にしてもっと堅持してもよい

アメリカ健康日ネット3月13日報道、アメリカスタンフォード大学1項の最新研究発見,網膜剥離、運動時の手のひらの温度は低い、人は運動の時間が長くて、運動の時間はもっと長くて.肥満者は運動時に疲労と体が多くなり、肥満しやすい女性が多いので,あきらめても.新研究は24人30―45歳肥満女性分を2組、運動時には温度を下げる装置、16℃(寒い手組)、別の組37℃(熱い手組).受験者は12週間連続で、週3回、毎回10分体重鍛え、25~45分は冷却装置のランニングトレーニング、10分間の力訓練.その結果、寒い手組組の試験時間は、5分短縮し、その心拍数は,1分間に136が増加し、運動効果が良いとされる.新しい研究担当者運動生理学者斯泰茜·西姆斯博士によると、運動時もし体温を下げて、疲労、汗などの不快感が減り、運動が根気よく続けて.だから人々は運動をすることができない時、手の中で少し涼しいもの、氷の氷、冷たい飲み物など、あるいは涼しい環境の中で行うことができて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です