天津爆発毒物2日間は、網膜剥離台灣とは、2日まで飛んで来ては?環境保護署」「デマ!

環境保護署によると、ネットコミュニティーが回転して伝散布天津の大爆発,未来の1週間、雨、雨に濡れないよう、毒物が拡散に日まで台灣、雨の中で毒物の含有量はかなり高くて、やはり少し濡れ仏の不実メッセージ.

環境保護署の説明、台灣のあるアジアの季節風区で,夏には大陸から低圧と、太平洋高気圧の影響で吹く南西の風.ちょうど八月の暑い夏の時節、盛んな南西の季節風の影響を受けて、完全に地理位置によって、中国の西北部の大陸の天津で発生した汚染物の拡散の影響を影響することはできません
.

環境保護署にも利用アメリカ海洋大気局(NOAA)軌跡モードなどを受けて、天津の大爆発現地風場に影響して,網膜剥離、汚染物質が先に吹くの北東、決して台灣南へ拡散(拡散軌跡は以下の図).

▲アメリカ海洋大気局(NOAA)軌跡モードツイ評価天津大爆発汚染物はまず北東に吹く南へ拡散しない.「

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です