マッサージ耳の網膜剥離養腎臓固精妙側

漢方医は、腎主蔵精、納得がいく耳耳、マッサージによって病気を防ぐ効果を達成することができる養生.そして、マッサージ耳養生できるだけでなく、健の腎臓、それに対して全身経絡と五臓六腑には一定の保健の効果は、特に男性を果たすことができて、固精養腎臓の役割.

P1、ツイッター後

両手で指し面で、それぞれを耳に沿って後、翳風、瘛脈、耳殻後、頭蓋息に拭いて回各ツイにじゅう~さんじゅう度、局部の皮膚から発熱.適用は滋腎养肝、血圧を下げる作用.

p2、鸣海ドラム

p>それぞれに两掌<密着耳,掌を耳孔密栓,親指と小指で固定して、他の三、または分と一緒に交わる叩打頭後後頭骨部、つまり脳戸、風府、唖門の穴、耳に響きを“どん」のように.この方法はさせ,網膜剥離、寧眩聡耳の効果だけでなく、養生保健上、耳鳴り、めまい、不眠、頭痛、神経衰弱などの病気の良好な治療効果.

さん、提げ耳珠

p>と<手を合わせて耳珠の内側の後、人差し指で、親指引上げ耳珠、内から外を引っ張り上げ.手は軽く、引かれた力は痛みとしない限り.3~5分.このマッサージの耳の養生の方法は、頭痛、頭の中、神経衰弱、耳鳴りなどの疾病が有効に治療することができます.

P4、両耳

2人差し指を伸ばして、それぞれ2耳孔入れ、180度回転、繰り返しさん次後、すぐに抜いて、耳にとを鳴らし、一般抜さん~ろく度.この耳マッサージ養生方法を敏感に聴覚を吐くの功、神経衰弱、忘れっぽいなどの疾病を一定の効果.

P5、綯う両耳

Pは両手で軽く、両耳の耳たぶ、あん摩から発赤発熱.それから耳たぶをつかんでプルダウン、またリラックスして.毎日2~3回、毎回20回.耳の血液循環を促進することができ、健腎臓は腰を勇壮.

P6、全耳マッサージ

手手のひら摩擦熱後、後ろにマッサージ耳正面、もっと前の反折りマッサージ耳の裏、繰り返しマッサージご~ろく度.は経絡、腎臓と全身臓器は保健作用があります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です